痛いところ、気になるところを治療するリスクやデメリット

腰痛の時「右側のココが痛いんです」
肩こりで「首筋のこの辺りがいつも張っていて...」
膝の痛みでは「左ひざの内側が痛くて」

そうですか、じゃあ今日はその周辺をしっかり施術していきますね!

痛みに悩んで相談した人からすれば、親切で心強い言葉に感じるかもしれません。
しかし、患者さんの気になっているところは症状を引き起こす要因とは違う可能性があります。

そんなお話を書いていこうと思います。

痛いところは元気なところ

当院のような整体や、マッサージ、鍼灸、整骨院に受診される方のほとんどは、いつからか痛くなった、大きく痛めたわけではないけど痛みが続くといった「ケガとは言えない痛み」に悩んできていると思います。

痛いところ、張っている、こっていると感じるところは、体の状態を脳が危ないと判断したことで、信号が送られて症状を感じます。

実はこの時、症状を感じる場所は比較的調子の良いところだったりします。

それはどういうことなのか?
簡単に図を作ってみたので、それを見ながら説明していきます。

パソコンでお絵かきするのは得意でないので、見にくいかもしれませんがご容赦ください(+_+)
整体 船橋 咲蛙

丸いのが頭、下に付いている棒が首、横棒の黒線を肩のラインと見立てて書いています。
左右の赤い線が首を支えている筋肉です。
後ろから見ていると考えて、頭は後頭部が見えているつもりでお願いします。

筋肉は骨格を動かすだけでなく、骨をストレスの少ない位置に調整する役割もあります。

上の図は、左右の筋肉が釣り合って、肩の真ん中に真っ直ぐ頭が乗っている、関節も筋肉もストレスが少ない状態です。

ではここから、頭の位置が変わったらどうなるでしょうか?
それがこちらの図になります。
船橋 整体 咲蛙
この場合、右側の筋肉は縮んでいます。

左の筋肉は引っ張られていて、さらに元の位置に戻ろうと抵抗しています。

脳が異常を感じて症状を感じさせるのは右と左、どちらの筋肉だと思いますか?



予想してみてください。



この関係は体の色々なところに当てはめることができます。



では答え合わせです。



答えは左側
この図のように縮んでいる側と伸びている側の関係があるときは、ほとんどの場合伸びている側の負荷が強くなります。

図にも書いていますが、右に傾いた頭をストレスのない位置に戻すのは伸びている筋肉の役目です。

そして、筋肉には伸びきっているところから縮むのは苦手という特徴があります。
縮みっぱなしでいる方が長さを変えなくてよいので、エネルギーをあまり使わないのです。

この状態が続くと縮んでいる方は柔軟性が低下していき、機能が低下します。
ストレスが掛かっている伸びている方は柔軟性も力も低下せず、機能は高い状態です。

しかし、強いストレスがあるため、張っている、こっている、痛みを感じるといった症状は機能が維持されている伸びている側に起きるのです。


肩こりの場合とデメリット

これを肩こりに当てはめてみましょう。
肩こりでは体の前にある、胸の筋肉が縮んで肩が前に巻き込んでいる状態が多く見られます。

そして元の位置に戻そうと、背中の筋肉が引っ張られながらも縮もうとします。

それによって背中や首と肩の間、首筋といったあたりに症状を感じます。

この時、患者様は辛さを解消したいので症状を感じる場所に対処しようとします。

そこで気を付けないといけないのが症状を感じている場所が

「正常な位置に戻そうと頑張っていたら」

その部分をマッサージなどでほぐすと、緊張がゆるんで元の位置に戻そうとする力を弱めてしまうのです。

背中の筋肉がゆるんで引っ張る力が弱まると、胸の筋肉はより縮んでしまい、一時的に楽にはなるけど改善はしない状況になります。

上に書いた図で言えば左側をほぐすと抵抗する力が弱くなって頭がもっと右に傾いてしまう状態です。

体のどの場所でも、ストレスのない位置があって、筋肉は、前後、左右、上下、内外、といった関係性の中でバランスを保っています。

そのバランスを戻したり、方法をお伝えすることが症状の改善に大切だと考えています。

辛い状態からすぐに楽にしてくれるマッサージ、症状を感じているところだからなるべくそこを治療してほしいと考えるのは自然なことかもしれません。

しかし、その状態をできる限り早く脱出して、症状に悩む状態から卒業するためには

症状を感じていない場所も含めての治療が大事です。

とにかく揉んでもらうのが好きで、マッサージを受けたいだけ、という場合を除いて、体を楽にしたいときは、そういったところを考えてくれる先生を選ぶと良いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。


【当院の場所】

手技整体院 咲蛙(しょうわ)

京成線 京成船橋駅から徒歩5分

千葉県船橋市本町2-29-8 マルヤスビル2号室(1階)

ご予約はお電話か予約フォームより

電話 047-779-1994

こちらから直接メッセージしていただいても構いません

Facebook
当院のページへ

Instagram
#咲蛙 #蛙の整体 で検索

LINE@
咲蛙 整体 船橋






#船橋 #整体 #慢性痛 #咲蛙 #蛙の整体
#骨盤矯正 #肩こり #腰痛 #四十肩 #五十肩
#バレエ #マラソン #スポーツ障害 #慢性痛

0 件のコメント :

コメントを投稿