体幹トレーニングでふらつくのは筋力不足だから?

整体 体幹トレーニング 船橋

サイドプランクに左右差

先日の施術にて、来院目的は左のもも裏からふくらはぎまでが張って伸ばすと痛い

その患者様に色々聞いてみるとハーフからフルのマラソンをたまにするようで、そのために体幹トレーニングをジムで習っているとのことでした。

そこで
左側だけがふらついてしまう

画像のようなサイドプランクというポーズをとってキープするとき、左だけ安定しない事にも疑問を持っていました。

体幹トレーニングは最近、一般の方にも取り入れる方が増えてきているものですが、正しく行えていないことで効果が低かったり、痛みを引き起こしたりすることがあり注意が必要です。


標的の筋肉は?

サイドプランクでは画像のように肘を地面に突っ張って、体は真っ直ぐに、同じ側の足を着いて支える形のポーズをキープするものです。

このポーズは体の側面にある筋肉の

腹斜筋と
中殿筋を

主に鍛えるトレーニングで、ここが弱いと身体が真っ直ぐにできず、お尻が地面に近づくように下がってくの字に曲がってしまいます。

体幹トレーニング 指導 船橋

プランク 体幹トレーニング トレーニング指導

腹斜筋には外側(浅層)の外腹斜筋内側(深層)の内腹斜筋があります。

外腹斜筋は体を前方向、画像のように右側なら右手が体の前を通って左肩を触る方向にひねるように働きます。

内腹斜筋は反対の動きで、後ろに振り返る方向へ体をひねる働きをします。

この二つが同時に、バランスよく働くことで体が側方に曲がります。

どちらかだけだと身体がねじれてしまいますから、サイドプランクではバランスを崩してしまいます。


体幹トレーニング 腰痛 整体
(画像で色のついているうち右側が中殿筋、左側は大殿筋です)

中殿筋は臀部、お尻の筋肉ではありますが、身体の側面寄りに付いている筋肉です。

骨盤から股関節の外側へ付いていますので、脚を外に開く(外転)という動作を主に仕事にしています。

腹斜筋の身体を側面に曲げる力と中殿筋の股関節を外転する力を合わせることで、サイドプランクの時、体を真っ直ぐに保っているのですね。


筋力は左右差がない

タイトルで書いた筋力不足、サイドプランクで安定しないという問題ですが、今回の患者様は腹斜筋も中殿筋も右側に比べて弱くはありませんでした。

体幹トレーニングが上手くできないのは
筋力不足ではなく
トレーニング不足でもありません

患者様にいくつか動作チェックを受けていただき、検査をして判明したのは。

ハムストリングの硬さ
(もも裏の筋肉)

そう
つまり、症状を感じていた左の脚後面全体の硬さ、張りが、体幹トレーニング時のバランスを崩していた要因でした。

これまでの記事では何度か
症状を感じている場所と
症状を引き起こしている場所が同じとは限らない

と書いてきましたが、今回の場合は症状を感じている場所と、引き起こしている場所は同じ、でも他の所にも関連している自覚のない症状が出ている。

こういったケースもあるのです。

施術の際にはお伝えしている事ですが、当院では「対話」と「検査」を大切にしています。

患者様にとって、どんな施術が適しているか?
どんな体操をお伝えすればよいか?
どんな言葉を使えば治すこと、体操をしようとやる気を出しやすいか?

それは人それぞれですから、よくお話をすること、必要な方法を検査することを大切にしています。

筋力不足で上手くできないのでは
とお考えの方は一度ご相談ください、丁寧にその要因を調べて、解決するお手伝いができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。


【当院の場所】

手技整体院 咲蛙

京成線 京成船橋駅から徒歩5分

千葉県船橋市本町2-29-8 マルヤスビル2号室(1階)

ご予約はお電話か予約フォームより

電話 047-779-1994

こちらから直接メッセージしていただいても構いません

Facebook
当院のページへ

Instagram
#咲蛙 #蛙の整体 で検索

LINE@
咲蛙 整体 船橋




0 件のコメント :

コメントを投稿