骨盤矯正って意味あるの?

骨盤矯正ってよく聞くし、いろんなところで受けられるみたいだけど、体に必要なことなの?

知り合いから産後は骨盤矯正を受けといた方が良いって言われました、やっぱり受けた方がいいのかな?

整体の仕事をしていると多く聞かれる質問です。

骨盤が歪む、そうなると良くないの? そもそも歪むって?
という質問も多いのですが、それは別記事にまとめています。

気になる方はこちらも読んでみてください。


今回は骨盤矯正って何だろう?

ということをテーマに書きました。


受けた方が良い、けれど...

受けられる場所が多い骨盤矯正ですが、その分考え方や方法も様々です。

注意したいのは

その先生は何を目的として行うのか?

それが患者様の体に必要なことか?

上にリンクを張った記事で詳しく書いていますが、骨盤の関節はほとんど動かないと言われています。

関節が動いて骨盤の形が「歪む」ことはありません。

足の長さが左右で違うとか、目印の位置や高さが違うというのは骨盤自体の角度の変化によって起きています。

そもそも人の体は左右対称に出来ていません、つまり形を左右対称に整えるために骨盤矯正や骨格矯正を行うのはあまり重要ではないと考えています。

骨盤矯正 骨格矯正 船橋

骨盤矯正や骨格矯正の意味

骨盤を含めて、人は体を支える「骨」とそれを動かす「筋肉」によって作られています。

骨は体を支える役割で、その並び方や位置は上に乗っている骨が安定するよう筋肉によって調整されています。

たくさんの筋肉が正常に働くことで、骨は安定した位置を保っていることができます。

安定した位置でいると、負荷が1カ所に集中しないように体を使えます。

同じ姿勢でずっと作業しているのに肩こりなどに悩まない人、同じ動作を繰り返す仕事でも腱鞘炎などにならない人。

それは、普段の姿勢や使い方によって、また運動をしているかなど、日常生活で色々な筋肉を使うことで、安定した骨の位置とその調整をする筋肉がまんべんなく使える環境を持っているからだと考えられます。

その状態が理想ですが、人体の修正能力、対応力は素晴らしく、多少位置が変わってもどこかが頑張ってカバーします。

その時、対応するのは頑張れる余裕のある場所。

不調のある場所や、姿勢、使い方によってうまく力を発揮できず怠けてしまう場所に代わり、正常な場所が頑張る、その負荷が許容量を超えると痛みや張り、こっているという症状を感じるようになると考えています。

骨盤矯正や骨格矯正の目的は、安定した骨の位置を取り戻すことなのです。

必要なところに力を入れられるようになり、押したり引いたりしてもバランスを崩さない安定した状態になることが重要で、必ずしも左右対称にしないといけないことはありません。


お悩みとの関連性が大事

当院では「骨盤矯正」を施術のコースとして設定していません。

それは患者様の解決したい悩み、症状が何で、どういった要因から起きているか。

調べたときに、骨盤の角度によってうまく力が発揮できない場所がある、緊張で縮んでしまった筋肉が角度を変えている。

そういった要因によって疲れにくい、使いやすい体の状態を作ることが難しいことが分かった時に初めて、骨盤周りの施術を行った方が良いと判断するためです。

骨盤矯正はお悩みを解決するための手段の一つであり

受けること自体が目的ではないと思います。

記事を読んでいただいている方で、骨盤矯正が気になって受けてみようと考えている。

もしくはすでにどこの院に行こうか探しているという方。

受けに行く目的は何か、行こうとする場所では、骨盤矯正があなたの体に必要な手段であるかを考えてくれる方針なのか、一度考えてみることをおすすめします。

単に骨盤を整えた方が良い、骨盤矯正をしておけばとりあえず色々な効果がある、ということはギャンブルのような考えです。

骨盤ではないところにより改善すべきポイントがあった場合、お悩み解決されない可能性があります。

体は一つしかありません、大切に使って元気に過ごしていきたいですね。

今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。


【当院の場所】

手技整体院 咲蛙(しょうわ)

京成線 京成船橋駅から徒歩5分

千葉県船橋市本町2-29-8 マルヤスビル2号室(1階)

ご予約はお電話か予約フォームより

電話 047-779-1994

こちらから直接メッセージしていただいても構いません

Facebook
当院のページへ

Instagram
#咲蛙 #蛙の整体 で検索

LINE@
咲蛙 整体 船橋






#船橋 #整体 #慢性痛 #咲蛙 #蛙の整体
#骨盤矯正 #肩こり #腰痛 #四十肩 #五十肩
#バレエ #マラソン #スポーツ障害

0 件のコメント :

コメントを投稿