対症療法に時間を消費するか?治療に時間を投資するか?

今現れている症状に対処することを対症療法と呼んだりします。

痛み止めを飲む、注射するといったものが入ると思います。

痛み止めで一時的に症状を感じなくなっても、症状が起きる要因は無くなっていません。

もし、痛み止めを利用した後に症状を感じなくなったとしたら、それはラッキーな事です。

その場合は症状自体が一時的なもので、痛み止めを使っている間に体が自分の力で良くなるよう解決してくれただけ。

肩こりや腰痛で症状を感じるところを揉みほぐして血流を良くするのも対症療法です。

感じているところが直接悪いとは限らず、症状が出る体の使い方や姿勢などあるはずです。

他にも普段の生活、栄養出来事の捉え方や思考ストレスといったものが影響しあって体に症状という結果を出しています。

痛みは複合的な要因から起きます、脳の状態との関連についても研究が進んでいて、体の状態が良くなっているのに痛みが取れない場合もあります。

その内容は過去にも記事がありますが、また改めて書くつもりです。

(過去記事 腰痛~番外編 脳と痛みの関係)
https://www.syo-wa.com/2018/11/blog-post.html

整体 船橋 咲蛙

どういったものがあるか

膝に水が溜まった時に、注射で水を抜くのも対症療法といえるでしょう。

水が溜まるのは何か理由があるはず、その理由を解明する事、突き止めた原因をなくす事が治療です。

水を抜いても抜いても溜まるのはその原因が解決されていないから。

膝に水が溜まる事に関しての詳しい記事はこちらへ
https://www.syo-wa.com/2019/10/blog-post_20.html


腰痛に関しても、どうして腰痛が起きるのかを解明しなければいつまでも痛み止めを飲む事になります。

ヘルニアが腰痛の原因ではないと考えられるようになってきているのですが、仮にヘルニアで腰痛が起きていたとしても、手術でヘルニアを取ることは対症療法ではないでしょうか。

どうしてヘルニアになったのかが重要だからです。

ヘルニアになる要因があり、その要因が腰痛を起こしていて、同時にヘルニアも起こしているとしたら、手術したとしても腰痛は解決しない場合があります。

ヘルニアと腰痛の詳しい記事はこちらへ
https://www.syo-wa.com/2019/10/blog-post_19.html


坐骨神経痛で脚が痺れる、だから神経を落ち着ける薬と痛み止めを利用する。

どうして坐骨神経が興奮状態になるのでしょう?

落ち着ける薬を使うのは一時的には有効ですが、脚の痺れなどが起きる原因を考えるのが大切ではないでしょうか?

そもそも本当に坐骨神経が悪いのでしょうか?

坐骨神経痛に関しての研究では、痛み止めの成績が悪く、神経の症状なので神経の興奮を抑える薬を使ったところ、痛み止めよりは症状を抑える効果があるという結果があります。

そうしたことで痛み止めと神経を落ち着かせる薬が同時に処方されることもあります。

しかし、抑える効果の成績は偽薬(プラセボ薬)と比べて少し良いくらい。
思い込みの効果より明確に鎮痛効果が高いというほどではありません。


肩こりで、こりを感じている筋肉を揉みほぐしたら気持ちいいです。

ある程度の期間は楽になります。

しかし、こっている場所をほぐすのは対症療法ではないでしょうか。

どうしてこってしまうのかを解明しない限りは揉みほぐし続けてもらわないといけません。

(過去記事:マッサージに行きたくなる理由)
https://www.syo-wa.com/2019/05/blog-post_28.html

対症療法は一時的には有効かもしれません、しかし、症状が出る原因が解決されるまではずーっと対処し続けないといけません。

運良く知らないうちに体が原因を無くしてくれる時もあるかもしれません、一度その経験をすると痛み止めや揉みほぐしに行けばなんとかなると考えるようになります。

人は自分が経験した正しいと思うことを否定しにくいという性質があるので。

どこかでその対処に時間を消費するループから抜け出しませんか?

痛み止めと比べたら、スパッとキレイに症状が無くならない場合もありますが、原因を解明して、少しずつ症状をなくしていく事に時間を投資しませんか?

というのが当院の施術方針で、大切にすべき事なのではないかと私は考えています。

症状ではなく、患者様に向き合って一緒に考えさせていただきます。
良かったら一度ご相談下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【当院の場所】

手技整体院 咲蛙(しょうわ)

京成線 京成船橋駅から徒歩5分

千葉県船橋市本町2-29-8 マルヤスビル2号室(1階)

ご予約はお電話か予約・お問い合わせフォームより

電話 047-779-1994

こちらから直接メッセージしていただいても構いません

Facebook
当院のページへ

Instagram
#咲蛙 #蛙の整体 で検索

LINE@
咲蛙 整体 船橋






船橋 整体 慢性痛 咲蛙 蛙の整体
骨盤矯正 肩こり 腰痛 四十肩 
バレエ マラソン ゴルフ スポーツ障害 
水が溜まる ヘルニア 鎮痛剤
坐骨神経痛 脚の痺れ

0 件のコメント :

コメントを投稿