膝の痛みは〇〇から

膝の痛み 船橋 マラソン

重心をコントロールできているか

体の痛みを訴える場所で腰、肩に次いで多いのが「膝」です。

マラソンブームもあって走り始めたことで痛める方から、年齢を重ねて曲げにくさや関節の変形が出てくる方とさまざまです。

膝に痛みを感じる方の中には痛いところにシップを貼ったり、関節に注射をする方がいたりします。
痛みを感じているところが膝なので、膝の周りの状態を改善しようとすることが多いのですがそれでは一時しのぎにしかならず、時間が経てば同じような症状が出てきたり、徐々に悪化したりするなど、根本的な解決は難しいです。

では、膝の状態を改善するためには何が重要なのか。

それは「お尻」です。

膝に痛みが起きる要因は、多くの場合体重のかけ方に問題があります。

立つ、歩く、走る、階段の上り下りや仕事の動作時に、重心が外側に寄ったり、前に突っ込んでいたりと、膝にとって負担の少ない位置に重心を置けていないと関節や、周りにある靭帯、腱などに余計な負荷をかけて痛みが発生します。

この時、膝の動きをコントロールしているのが「お尻」の筋肉なのです。


弱っているのか?硬いのか?

座っている時間が長い事でお尻の筋肉が弱くなっている方が多く、膝の動きをコントロールできなくなると、膝が内側に入ってしまいます。

座っている時、片側のお尻に重心が寄っていると筋肉が硬くなって柔軟性が低下する事もあります。
そこから膝が伸ばしにくくなって裏面に症状を感じることもありますし、歩幅が狭くなるのを補うために重心を前に突っ込んでしまうと膝の前側が痛くなる場合もあります。

施術では硬さを取る、ストレッチするといった方法だけでなく、必要なところに力を入れられるかのチェックや自宅でできるトレーニング、体操などもお伝えしています。

当院では症状を感じる場所だけでなく、その症状に至る経緯や原因を丁寧に調べることで一時的に楽になるのではなく、受けた後からも徐々に楽になっていく施術を心掛けております。

膝の痛みにお悩みの方は一度ご相談下さい。

手技整体院 咲蛙

京成線 京成船橋駅から徒歩5分

千葉県船橋市本町2-29-8 マルヤスビル2号室(1階)

ご予約はお電話か予約フォームより

電話 047-779-1994

0 件のコメント :

コメントを投稿